事故による裁判

紙幣を握る手

一般的に、交通事故で重篤な被害に遭った場合はもちろん軽微なものでも交通事故は裁判で解決する方が、損害額はより多く認定されます。そして、最近では自動車保険に弁護士特約という弁護士を付けることの報酬負担までカバーされる保険がありますので、時間も手間もかかりませんから、利用しない手はないと思います。交通事故には多種多様なものが持ち込まれますが、すべてが裁判になるわけではありません。やはり裁判沙汰は我が国の市民の一般的な感情と死しては消極的ですし、公開の法廷で自分が争うなんて姿はとても見たくないという気分になるのではないでしょうか。とにかく裁判はわずらわしいイメージがあって、現実もそうでしょう。わたしもそのような考えには同感します。

交通事故における弁護士特約付き保険の拡大によって、今後はさらに裁判の件数も増えますし、弁護士の報酬額も増大していくことでしょう。ただこのような仕組みはあまり健全とは思われません。任意での交渉段階で保険会社が相互に十分な補償をなすべきであり、ドライバーは任意保険とはいっても十分な保険に加入すべきだと思われます。すなわち強制保険の内容を相手方被害に対しても自分の方の損害に対しても十分な給付・保険金支払いがされるように改善すべき時期がかならず到来すると思います。国や保険会社の思惑もあってなかなかそうならないのでしょうが、一方で無保険車による事故の相手方はね泣き寝入りを強いられるのも不合理な結果です。なんとかいつかは改善してほしいものです。