離婚裁判の流れ

スマホと座る女

離婚相談を弁護士などに相談するとき初めの相談は料金が発生するところは少ないです。しかし、次からは時間給として相談している時間の分を料金支払いになります。こちらに非がない場合向こう側が支払ってくれる場合もあります。また弁護士を正式にお願いする場合着手金が発生します。離婚相談をして弁護士が妥当だと思われる慰謝料の金額を出してもらいます。その金額によって着手金も上下します。着手金とは弁護士がこの離婚相談の件で動いてくれるという前金になります。また弁護士の報酬金は慰謝料全額の約1割になります。もちろん初めに着手金がいるので苦しいと思われますが、しっかりとした話をつけてもらえるなら弁護士に頼んだほうがいいです。

離婚を考えて悩み一歩踏み出せてない人は、きっと人に相談できず一人で苦しんでいる人だと思います。そんな中相談のってくれる相手が離婚の内情をよく知っている人で誰にも広まらない相手なら少し心ひらきますよね。誰かに聞いてほしいけど、広まったりしたらという心配もないですよね。また事務所など外にでて入るところを見られたくないという人もいると思います。最近では家にいても電話で離婚相談が出来たりするそうです。面と向かって言いにくい人もこれなら安心して相談できますよね。近代は3人に1人は離婚を考えています。少しでも悩み苦しんでる人をこんな方法で解決できるよと呼びかけれる場所ができました。知らない人も多いので利用してほしいです。