• プリンタの背面

    機能は向上している

    昔前のプリンターと比べると、昨今のプリンター、そしてその複合機の性能は飛躍的に上

機能強化と製品拡張発展

プリンタ内部

オフィス、家庭、持ち出し等でプリンターの機能拡張は著しい発展を遂げてきました。
昔はデータを印字できるだけでも大した機能でしたが、最近はほとんどの機種で複合機性能を付けたものが氾濫しています。
さらに競合との差別化のために、一昔前はA4サイズ秒速何枚刷れるかが大きな競合との差別化でしたが、最近は印字で使用するレーザー用トナー利用料の軽減策等を機能に含めるためにファックス送受信は、データでPDF化されたものを内部利用できるようになったり、最新は、印刷した文字を消し去ることで用紙の再利用を兼ねたリサイクル複合機に変貌しているのです。
特許との兼ね合いで先にアイデアを出したものが勝つ時代は複合機の中の戦いでもあります。

オフィスでも大規模なものを扱う機器は、ほとんどリース展開になっていることが多く、最近は利用料方式を取って1枚処理単位でカラーとモノクロで値段分けをしているメーカーも目立ってきました。
A4のモノクロ1枚を10円以下で提供している等、価格競争に入っているのです。
そこでメーカーは価格競争はいずれ破たんがくるため、ペーパーレス化できるアイデアで勝負に出ているのが今の時代の背景です。
PDFデータによる送受信機能等で印字回数を減らすことでコストダウンを図り、肝心の印字部分で値段を落とす工夫を行うことと印字された文字を消すリサイクル方式での印字削減によるコストダウンでの勝負が日進月歩として競合と勝負している状況と言えます。

これまでのプリンター機能に複合(ファックス、スキャナー、コピー、電話)機能を搭載したものが出てきたのはここ20年くらい前からですが、世の中のデフレからの企業内コストダウンの影響とペーパーレス化対策が言われて10年の間に、技術的創意工夫されたものが印字機器の中に入ってきた歴史と変遷があります。
変遷を紐解くと複合性能にコストダウン付加価値を付けてさらに販売方式の利用料方式による差別化等の激しい他社差別化による技術革新が、今の複合印刷機を生み出したと言えます。
これから先もプリンター性能の追求は、肝心の印刷性能の向上と少ないトナーカートリッジ利用を目指すことで他社との差別化を図っていくのが見えています。

オススメリンク

プリンタの背面

機能は向上している

一昔前のプリンターと比べると、昨今のプリンター、そしてその複合機の性能は飛躍的に上がりました。まず、…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー